自由自在☆自在家

自由なブログを書いていきます!

YouTuberヒカルさんのチャレンジ論と第0新卒

YouTuberのヒカル(Hikaru)さんの「学歴を持たないあなたへ」という動画です。

第0新卒の方向けの就活イベントの感想をインタビューするものです。

この動画の、ヒカルさんの話していることに感動したので、記事にします。

 

 

第0新卒とは?

大卒未満の状態だそうです。

つまり、中卒や高卒のことを、ヒカルさんはYou Tube内で「第0新卒」と名付けたようです。

一般的に第0新卒は、就職先が極端に限られてしまっているそうです。

大企業への就職は大卒が前提条件となっていることが多く、そもそも、第0新卒の方はその対象にすらなりえないというのです。

実際には、必ずしも大学卒業したから能力が高く、大卒未満だから仕事で役に立たないほどの能力である。と断言できるわけでもありません。

これからの世の中の変化に変わって、学校教育をすべて受けることが必ずしも社会で役立つとは限らないために、第0新卒が大企業に行けるという選択肢があってもいいのではないか、第0新卒の選択肢を広げることはできないか?と

第0新卒の人と、企業をつなぐ、就活イベントや、会社説明会のイベントを企画運営したのがヒカルさんだったようです。

 

 

 

動画内の名言

動画の中のヒカルさんの言葉で印象に残った言葉を紹介します。

話し言葉で、文章にするとつながらない部分もありますので、私が勝手に行間は埋めています。

 

第0新卒と大手企業を結ぶようなイベントは前代未聞であり、実績がないところに飛び込むのには勇気がいるものです。その中でチャレンジして、見事内定をもらった学生さんのチャレンジをヒカルさんが承認する言葉などです。

 

■ヒカルさんと企業側の第0新卒に対する印象

イベントに参加した学生は楽しそうで、エネルギッシュ。

希望に満ち溢れた学生がこんなにいるんだ!

※このイベントは300名の定員に対して14,000名の応募があったそうです。

 

■学生のイベントに参加するきっかけ

「楽しそうだなと思ったので」

それに対するヒカルさんの補足

「勢いが大事。チャンスがあったら飛びついていく気持ちがあったから今の結果がある。

ちょっと挑戦してみたいな、楽しそうだなって気持ちから入っていくことが大事。

難しいことを考えてしまうと、チャレンジできなくなる」

 

■大学中退の方のイベントに参加するきっかけ

「もともとバイトをしてみて、働くことの楽しさを知った。しかし、バイトだけでは将来暮らしていけないため、就職しなければと思っていた時に、このイベントを知った」

それに対するヒカルさんの補足

「2人とも騙されたという気持ちでやってみたと思う。まさか上場企業に内定決まるとは思ってなかったと思う。人生経験としてくらいの気持ちだったのではないでしょうか。」

 

□ヒカルさんもYouTuberやベンチャー企業でチャレンジをしてきた人でしょう。

そのヒカルさんがチャレンジするときに考えていたことは「楽しそうだからやってみよう」「人生経験としてやってみよう」ということだったのかもしれません。

絶対に大成功してやる!という気持ちが強いと、失敗したらどうしようと難しく考えてチャレンジすらできなくなってしまうのではないでしょうか。

 

■インターネット事業

大切な割合は、人99%、サーバー1%。人材が大切。

第0新卒との交流できる窓口がこのイベントだった。

 

■学生の企業を選ぶ決めて

①HPのオフィスの画像を見て、直観。

ヒカルさんの補足は、

「内容云々じゃなくて、この環境で働けるからなにやっても楽しくなるんじゃないか」

→環境、楽しいイメージが浮かんだことが決めてだったのだと思います。

 

②社長がヒカルさんにぐいぐい話を突っ込んでいるのをみて、一体どんな会社なのか?と興味を持った

→こちらは社長という人柄に魅力を受けたのだと思います。

 

■学生さんが、まだチャレンジしてない人へ伝える言葉

「迷ってるなら、絶対チャレンジした方がいい。チャンスがあるならやってみる」

これに対してのヒカルさんの補足

「説明会は、いろいろな価値観に触れることができ、視野が広がる。

人生経験に役立つ。迷ったら行動しているのが大事なんじゃないかと思います。」

 

■ヒカルさんの感想

「怪しいというのがスタートにある。馬鹿にしていても、とりあえず1回はチャレンジしてみるのもいいと思います。騙されたと思ってチャレンジしてみるのもいいと思います。」

「案外意外なところから人生が変わる、人生を変えたいという人とのつながりが大切」

「貴重な経験として、チャンスは逃さないでほしい。」

 

□ヒカルさんは、YouTubeから築いたファンとしての人脈や世間への大きな影響力を利用して、ヒカルさんにしかできないことにチャレンジしてみたのだと思います。

学生さん(今回は第0新卒)へ与えられる影響力に確信があり、その熱意を大企業に提案したからこそ成り立ったのだと思います。

ヒカルさんの熱意が大企業に伝わらなければ実現しない企画だったことも感銘を受けました。

『楽しそうと思ったらチャレンジしてみる』という言葉に重みを感じました。

「自分のしたいとおもったことは全部チャレンジしてみたい!

世間の常識に合わせるのではなく、自分の常識に合わせて行動する」

 

 

動画

17分の動画になっております。

0秒~ バズキャリCM

58秒~ヒカルさんのMC(前ふり)

2分53秒~ヒカルさんの内定者インタビュー(ADWAYSアドウェイズ

14分47秒~ヒカルさんMC(まとめ)

 


学歴を持たないあなたへ

 

 

 

 

【参考URL】

takope.net

 

炎上から4ヶ月…今の本音をぶちまけようと思います - YouTube